About Marunouchi Book Club

丸ノ内読書会とは

本を通して学び合うことを目的としたコミュ二ティです。

 

“ 実践する読書”をモットーに本を通してお互いを知り良い影響を与えあうこと、。新しい知識・考えを学び合い、今とこれからのために実践し、日常に新しい変化を起こしていくための場となることを目指しています。

 

 

 『今、世の中のルールが変わりつつある。みんながやっているから、偉い人が言っているからと言って、今までと同 じように、同じことを一生懸命やっていれば誰でも幸せになれるといった時代は終わった。むしろこれからは、個人が自分で考えて、自分の判断で物事をなしていくことが重要であり、それに必要な思考や態度がある。

 

  いくら東京大学や一流大学を出ようと、いくらITや英語、会計の資格を持っていようと、いまやそれだけでは「コモディティ人材」にしかなれない。つまり誰とでも「交換可能な人材」であり、そういった人間は必然的に安く買い叩かれてしまう。未来に希望は持てない。会計士や弁護士ですら、もはや肩書きだけでは食っていけない時代である。

 だから今、もっとも大事なのは、「知識」ではなく、「考え方」を学ぶことだ。それは、自分の力で答えを導き出す能力とも言える。それができる人間は「交換不可能な人材であり、世界中で起きている商品・サービス・人材のコモディティ化の波に、飲み込まれることはない」

 

     日本が経済的に厳しい状況に陥り、若者の未来に希望が感じられない世の中になったと言われることも多いが、だからといって、いつまでも、嘆いているわけにはいかない。

それよりもなすべきことは、このような厳しい世の中でもしたたかに生き残り、自ら新しい「希望」を作り出すことである。

そのためには学ぶことだ。武器となる知を。瀧本 哲史 ”武器シリーズで伝えたいこと”インタビューより一部抜粋。

 

 

武器となる知と考え方を学ぶため丸ノ内読書会は3つの部門に別れています。

 

 

1. アクション部門(共同開催)

 

”人生、これは知っておきたい本!”というテーマの読書会です。

人生、今、これからのために知っておきたいと思う本を1冊お持ち下さい。

もっとも大事な「考え方」を身につけ、実践していくことを目指します!

 

 

2. グローバル部門 

 

九門崇 著『アジアで働く』をテーマにした読書会です。

今一番面白いフィールドであるアジア(中国、東南アジア、インド等)で働くこと、働くことに関心がある人、

現在、アジアに行っている人、

関係した仕事をしている人、日本を飛び出して活躍したい人、

アジアをフィールドにしたい人、又はアジア国籍の人ならどなたでも参加可能な会です。

今のアジアの現状、そして自分のキャリアのためこれからのアジアでどう働いていくかの

意見交換を行います。

『アジアで働く』は途中、又は読んでいなくてもOKです。

本を所有していない方は、持ってなくてもOKです。
アジアで活躍したいという意欲のみお持ち下さい。

 

 

3. オールジャンル部門 

 

本のジャンルは関係ないオールジャンルの読書会です。

 

 

© 2023 by BooktTimes